関節リウマチに対するアトルバスタチン治療【Journal Club 20171004】

Trial of Atorvastatin in Rheumatoid Arthritis (TARA): double-blind,randomised placebo-controlled trial

David W McCarey et al

Centre for Rheumatic Diseases and Department of Vascular Biochemistry (N Sattar MD), University

f Glasgow, Glasgow Royal Infirmary, Glasgow, UK; and Robertson, entre for Biostatistics, University of Glasgow, Glasgow

2004 Jun 19;363(9426):2015-21.

 

P:RA患者

E:atorvastatin 40mgを6か月間内服

C:プラセボ

O:DAS28の変化

 

1.セッティング:どのような場所で研究したか?

Glasgow Royal病院

 

2.研究デザインの型:RCT

 

3.Population、およびその定義

ACR1987を満たしたRA患者

18-80歳

高疾患活動性(腫脹関節≧6関節+ 疼痛関節≧6 or 朝のこわばり≧30分 or ESR≧28mm/h)

除外基準:DMあり、家族性高コレステロール血症、CHDリスク≧3%、現在抗脂質異常症薬使用中、PSL≧10㎎、AST, ALP, CKが正常範囲外

 

4.主な要因、および、その定義

Atorvastatin 40mg内服(6か月間)

 

5.Control、および、その定義

プラセボ

 

6.主なアウトカム、および、その定義

Primary: DAS28

Secondary: ESR, CRP, TJC, MS, VAS, SJC, PGA, HAQ, TG, LDL-c, HDL-c, Fibrinogen, plasma viscosity, vWF, ICAM-1, IL-6

 

7.交絡因子、および、その定義

定義なし

 

8.解析

χ2検定、t検定、ANCOVA、Spearman

 

9.結果(箇条書きで、大事なところのみ)

DAS28:スタチン群 -0.50(-0.75, -0.25)、プラセボ群 0.03 (-0.23, 0.28), p=0.004

 

10.どのように臨床に活かす?どのように今後の研究に活かす?(箇条書きにて記載。論文中の記載から抜粋、および、自分考えたものを記載)

臨床には活かせない(リピトール40㎎は保険適応外)

スタチンの副次的効果に着目した点はユニーク

 

11.Limitation(箇条書きで)

小規模研究

6か月間の研究であり、動脈硬化などには言及していない

 

12.自分で考えた交絡因子

手術歴

関節痛に影響を及ぼす因子(SjS合併、FMS合併、stage. Class. 抑うつ合併など)

 

13.この論文の弱点(自分で考えたものを記載)

DAS28が0.5改善しても臨床的意義はない。

2群の患者背景がバラバラ(有意差の有無に言及なし)

 

14.理解できなかった点

なぜ、アトルバスタチン40㎎なのか

 

15.好ましい点

Primary outcomeとsecondary outcomeを宣言している点

内容はともかくとして、論文の構成がお手本のごとく完璧

 

 

担当:三輪裕介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に学びませんか?

医局員募集要項はこちら


昭和大学病院
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセスマップ
電話:03-3784-8000(代表)

[初 診]月曜~土曜 8:00~11:00
[再 診]月曜~土曜 8:00~11:00(予約のない方)
[休診日] 日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始