免疫抑制剤を使用する膠原病疾患のオミクロン株のブレイクスルー感染をみた前向き研究について

免疫抑制剤を使用する膠原病疾患のオミクロン株(BA.1 と BA.2)のブレイクスルー感染をみた前向き研究。免疫抑制剤を使用する膠原病疾患 群472/1593 (29.6%) 、コントール群181/579 (31.3%) と差がなかった。セロコン、ワクチン追加接種、covid-19罹患は、ブレイクスルー感染を減少させた。

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に学びませんか?

プログラム・募集要項はこちら


昭和大学病院
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセスマップ
電話:03-3784-8000(代表)

[初 診]月曜~土曜 8:00~11:00
[再 診]月曜~土曜 8:00~11:00(予約のない方)
[休診日] 日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始