JAK2は全身性強皮症でのTGFβによる線維化に関与する因子である【Journal Club 20171018】

JAK2 as a novel mediator of the profibrotic effects of transforming growth factor β in systemic sclerosis

Clara Dees, Michal Tomcik, Katrin Palumbo-Zerr, Yun Zhang, Alfiya Distler, Christian Beyer, Veronika Lang, Angelika Horn, Pawel Zerr, Jochen Zwerina, Kolja Gelse, Oliver Distler, Georg Schett, Jorg H Distler

University of Erlangen-Numberg, Erlangen, Germany

2012 Sep;64(9):3006-15

目的
SScにおけるJAK2の発現調節の機構について、様々なモデルを用いて証明していく。SScの治療のターゲットとなりうるかも含めて検討を行っていく。

結果(重要なもののみ)
Figure 1
SScの皮膚では phospho JAK2は発現が亢進していて、皮膚線維芽細胞はTGFでの刺激によりphospho JAK2は6時間をピークにリン酸化がすすむ。

Figure 3
SSc-fibroblastにTGFを刺激することでSMAの産生は増強していく。一方で、JAK-2阻害薬であるTG 101209を用いることにより、その産生は低下していく。

Figure 5
Bleomycinモデルによるマウスの系でも、TG 101209を用いることで、皮膚硬化の抑制が認め

重要なポイント
SSc患者さんの皮膚ではphospho JAK2の発現が認められることと、その抑制によりvivoにおいても効果が見られた。

ユニークなポイント
長時間にわたるTGFの刺激によって、観察しているところ

今後の論文展開や論文に対する検討課題
ほかのJAK、とくにJAK1における抗線維化作用およびTGF以外の刺激による線維化の変化について2017ARDにin vivoでの肺病変での検討をされていることからも、今後へ期待されるられる。

担当:磯﨑健男

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に学びませんか?

医局員募集要項はこちら


昭和大学病院
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセスマップ
電話:03-3784-8000(代表)

[初 診]月曜~土曜 8:00~11:00
[再 診]月曜~土曜 8:00~11:00(予約のない方)
[休診日] 日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始