【論文アクセプト】磯島医師の論文がObstetric Medicineにアクセプトされました

磯島医師のRA患者でのBio製剤使用によるAMH値の推移に関する研究「Serum anti-Müllerian hormone levels in women with rheumatoid arthritis during TNF-α inhibitor treatment:a exploratory research.」がObstetric Medicineにアクセプトされました。
 要旨は以下の通りです。

要旨
 女性関節リウマチ患者において、TNFα阻害薬の卵巣への影響は不明である。そこで今回我々は卵巣予備能の指標とされている抗ミュラー管ホルモン(AMH)を用いて、TNFα阻害薬による卵巣への影響を12名の女性リウマチ患者で検討した。TNFα阻害薬開始54週後のAMHは実測値、Zスコアともに優位な変化を認めなかった。54週の治療期間においてTNFα阻害薬はAMHに影響を与えないことが示唆された。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に学びませんか?

医局員募集要項はこちら


昭和大学病院
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセスマップ
電話:03-3784-8000(代表)

[初 診]月曜~土曜 8:00~11:00
[再 診]月曜~土曜 8:00~11:00(予約のない方)
[休診日] 日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始