新規JAK阻害剤であるpeficitinibは、関節炎モデルラットにおいて強力な有効性を示す【Journal Club 20180718】

A novel JAK inhibitor, peficitinib, demonstrates potent efficacy in a rat adjuvant-induced arthritis model.

Misato Ito, Shunji Yamazaki, Kaoru Yamagami, Masako Kuno, Yoshiaki Morita,
Kenji Okuma, Koji Nakamura, Noboru Chida, Masamichi Inami, Takayuki Inoue,
Shohei Shirakami, Yasuyuki Higashi

2017 Jan;133(1):25-33.

 

Abstract
The Janus kinase (JAK) family of tyrosine kinases is associated with various cytokine receptors. JAK1 and JAK3 play particularly important roles in the immune response, and their inhibition is expected to provide targeted immune modulation. Several oral JAK inhibitors have recently been developed for treating autoimmune diseases, including rheumatoid arthritis (RA). Here, we investigated the pharmacological effects of peficitinib (formerly known as ASP015K), a novel, chemically synthesized JAK inhibitor. We found that peficitinib inhibited JAK1 and JAK3 with 50% inhibitory concentrations of 3.9 and 0.7 nM, respectively. Peficitinib also inhibited IL-2-dependent T cell proliferation in vitro and STAT5 phosphorylation in vitro and ex vivo. Furthermore, peficitinib dose-dependently suppressed bone destruction and paw swelling in an adjuvant-induced arthritis model in rats via prophylactic or therapeutic oral dosing regimens. Peficitinib also showed efficacy in the model by continuous intraperitoneal infusion. Area under the concentration versus time curve (AUC) at 50% inhibition of paw swelling via intraperitoneal infusion was similar to exposure levels of AUC at 50% inhibition via oral administration, implying that AUC might be important for determining the therapeutic efficacy of peficitinib. These data suggest that peficitinib has therapeutic potential for the oral treatment of RA.

 Table 1
PeficitinibTofacitinibJAK1.2.3, TYK2に対するIC5050%阻害濃度)を求めた。
Peficitinib, TofacitinibともにJAK3に対する阻害活性が強いことが示唆された。 

Fig 2
Peficitinibによるrat T cellの増殖能の抑制を示した。
Ratの脾臓から抽出したT cellIL2で刺激し、PeficitinibあるいはTofacitinibを加えた。
alamarBlueを用い、細胞の増殖能を求めた。
何も加えないものをblank(100%)IL2のみを加えたものをcontrol(0%)とした。
PeficitinibIC5010nMTofacitinib24nMであった。

Fig 3
PeficitinibによってIL2で刺激された細胞のpSTAT5産生が抑制されていることを示した。

AB
rat 末梢血T cellIL2で刺激し、フローサイトメトリーを用いてpSTAT5の産生を確認したのち、PeficitinibにてpSTAT5産生が抑制されていることを確認した。IC50は平均124nM

CD
ヒト末梢血T cellを用い、同様の実験を行った。Ratとほぼ同様の結果を得た。

EF
Normal ratPeficitinibを注射し、回収した血液で、pSTAT5産生の抑制を確認した。
MFI(平均蛍光強度)を調べると、Peficitinibの投与量とΔMFIは逆相関した。 

Fig 4
Peficitinibの関節炎予防効果を調べた。
関節炎モデルマウス(adjuvant injection)を作り、その日からpeficitinib1, 3, 10, 30mg/kgを連日投与した。

AB
腫脹した足の重さと体重を測定した。足の重さはpeficitinibにより抑制効果がみられ、体重減少の抑制効果がみられた。

C
レントゲン写真にて関節破壊と足の腫脹の抑制が認められた。

D
骨破壊をスコア化(5つの骨を0, 1, 2点で評価 合計点で評価)すると、Peficitinibibに骨破壊抑制効果が認められた。

 Fig 5
Fig4とほぼ同様の実験で、peficitinibの関節炎治療効果を調べた。
関節炎モデルマウスを作り、その15日後にpeficitinibを投与した。足の容量増加、関節破壊抑制効果を認めたのは30mg/kgであった。

 Fig 6
Peficitinibの腹腔内持続投与を行い、peficitinib血中濃度を安定化させた状態で、関節破壊抑制効果を調べた。

 Peficitinibの関節炎モデルマウスにおける予防効果、治療効果が容量依存的に認められることが証明された。

 

担当:猪狩雄蔵

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に学びませんか?

医局員募集要項はこちら


昭和大学病院
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセスマップ
電話:03-3784-8000(代表)

[初 診]月曜~土曜 8:00~11:00
[再 診]月曜~土曜 8:00~11:00(予約のない方)
[休診日] 日曜日、祝日、創立記念日(11月15日)、年末年始